目次へ

副詞は、方法、場所、時間、量などを示します。副詞はエスペラントでは E 語尾を持ちます:

  • rapide = 素早い方法で、素早さとともに
  • bele = 美しい方法で、美しさとともに
  • urbe = 町の中へ
  • hejme = 自分の家の中で
  • tage = 昼間に
  • matene = 朝に
  • lunde = 月曜日に、月曜日ごとに
  • normale = 普通の方法で、普通の場合には
  • multe = 大量に
  • alveninte = 到着後

場所を現す副詞には、方向を示すための対格語尾 N が付く場合があります:urben = "al la urbo(j)", "hejmen = "al la propra(j) hejmo(j)".しかし副詞には決して J 語尾がつくことはありません。

比較のためには、小辞 pli(より)plej(最も) とともに副詞を用います。

副詞の用法

副詞は動詞の状況補語としても働くことができます。

  • Ili manĝas rapide. - 彼らは急いで食べた。

    Rapide は、manĝas の状況補語で、食べる方法を示しています。

  • Urbe troviĝas multaj restoracioj. - 町にはたくさんのレストランがある。

    Urbe は、troviĝas の状況補語であり、見つかる場所を示しています。

副詞の状況補語は文章全体にも関係することがあります。

  • Kompreneble mi iros. - もちろん、私はいくつもりです。

    Kompreneble は文章全体に関係しています。それは行く方法を示しているのではなく、私は行くつもりだという内容に注釈を加えています。この全体の事実がもちろんだ (komprenebla) ということです。

副詞は、形容詞の修飾語、他の副詞の修飾語、副詞性小辞の修飾語としても働くことができます。

  • Ĝi estas sufiĉe granda. - それは十分に大きい。
  • Li manĝas terure multe. - 彼は恐ろしくたくさん食べる。
  • Ili revenos treege baldaŭ. - 彼らはすぐに戻ってくるでしょう。

副詞は不定法動詞や従文の叙述語としての修飾になることがあります:

  • Estas amuze labori. - 働くのは楽しい。

    Amuze は、単語 labori を修飾しています。

  • Multe maĉi estas necese por bona digesto. - 何度も噛むことがよい消化のためには必要です。

形容詞と副詞はよく似ています。どれを修飾したいかよって、形容詞を使うか副詞を使うかが決まります。

量を現す副詞は、それが名詞であるかのように用いることができます。

副詞的な小辞

相関詞の中には、文中で副詞的な役割を果たすものがありますが、E 語尾は持ちません。次のものが該当します: E, EL, OM, AM, AL で終わる相関詞小辞 pliplej小辞 ne 、小辞 ĉi, for, ankoraŭ, baldaŭ, hodiaŭ, hieraŭ, morgaŭ, jam, ĵus, nun, plu, tuj, ajn, almenaŭ, ankaŭ, apenaŭ, des, do, , ja, jen, jes, ju, kvazaŭ, mem, nur, preskaŭ, tamen, tretro。副詞的小辞は原則として副詞ですが、この文法では E 語尾を持つ副詞と明確に区別するために、副詞的小辞と呼びます。

先頭にもどる