目次へ

通常は接辞とみなされない語根も、造語時には、ある特別な方法により接辞のように使われます。ほとんどの場合には、複合語や短縮句を作る通常の原理に基づいて造語が行われますが、特別な方法を使うこともできるのです。このとき使われる語根を、接辞用法の語根といいます。また、ある語根は複合語に頻繁に使われ、通常の造語ルールに従ってはいても接辞のように見えることがあります。このような語根もまた接辞用法とよばれます。

接辞用法の語根と複合語

接辞用法によく用いられる通常の語根の例を幾つか示します。

FIN

FIN はよく 接頭辞用法の el のかわりに接頭辞用法で用いられ、行為が終わりまで行われることをあらわします: finkanti, finfari, finmanĝi.

HAV, PLEN, RIĈ

語根 HAV、PLEN、RIĈ は接尾辞用法で用いることができ、形容詞の意味を明確化します:barbabarbhava, truatruhava, mankamankohava, amaamoplena, bruabruoplena, floraflorplena, fumafumoplena, oraororiĉa, herbaherbriĉa, sentasentriĉa

KELK

KELK の接頭辞用法は、数倍を意味します:kelkdek = 数十、kelkcent = 数百、kelkmil = 数千。アクセントに気をつけましょう:kElkcent, kElkmil。KELK は独立の小辞ではなく、単語の一部を構成する語根です。このような語を分割して書くことはできません。kelkdekkelkmil と書くのが正しく、kelk dekkelk mil は誤りです。言い換えとして kelkaj dekojkelkaj miloj を使うこともできます。

接尾辞用法の KELK は不定の複数を示します:dekkelke = 十数、tridekkelk-jara = 三十数年の。

ときに接頭辞用法の KELK が「おおよそ」の意味で用いられていることがあります:kelkmil = およそ千前後。これはザメンホフの用いた上記の意味と衝突してしまいますから、使ってはいけません。

また KELK を I で始まる相関詞の接頭辞とし、数量の不定を強調することがあります:kelkiuj = 幾人か、kelkiom = いくらか多少。かつては kelkiu と単数で使われることがありましたが、これは意味が自家撞着してしまっています。iu は単数の個体、KELK は複数を意味するからです。

ONを使った語

接尾辞 ON を使った合成語はよく接頭辞として使われます:duonhoro = 1/2時間(30分間)、kvaronlitro = 1/4リットル、milonmilimetro = 1/1000ミリメートル、trionparto = 1/3の部分。この代わりに通常の複合語を作ることもできます。例:horkvarono (= 1時間の1/4):Pasis certe horkvarono, antaŭ ol la floreto povis denove rekonsciiĝi. ただし horkvarono のような形式は非常にまれにしか見られません。

接頭辞用法の DUON は、「だいたい半分、不完全、ほぼ」のような特別な意味を持つことがあります:duonnuda = 裸同然の、duonkuirita = 半生調理の。

親族の単語における DUON は、2つの特殊な意味を持っています。それは、再婚によって作成された両親と血縁関係も含めた内の一方のみに通じた血縁関係をそこで示します: duonfrato = 1. 共通の両親から一方のみを伴って持っている兄弟, 2. 継父(継母)の息子; duonfilo = 夫(妻)の継子; duonpatro = 母の新しい夫; duonpatrino = 父の新しい妻。

VIC

VIC は接頭辞性で、何かや誰かを代える、または、代えられる事物や人物を示すために使われます: vicprezidanto = 「代わりの大統領」, vicdirektoro = 「代わりの理事」, vicrado = 「予備のタイヤ」。

再婚によって作成された血縁関係のためにも、接頭辞性で VIC という語根を使えます: vicpatro, vicfilo, vicfrato 。親族に関する DUON の両方の意味を持てるそのような DUON 単語では、再婚の血縁関係に対しては VIC を、 効果的に半分の血縁関係に対しては DUON を、むしろ使いましょう。

VIR

VIR は接頭辞性で、男性を示すために使われます。接尾辞 IN とあわせて比較しましょう。性別の持てる何かの側、かつ、それ自体ではまだ男性でない単語の側に限り、 VIR をそのように使えます。

VIR は特に動物の単語において接頭辞性で使われます: virĉevalo, virkato, virbovo, virhundido, virbesto

人間の単語においても、接頭辞性で VIR を使えます: virhomo, virprezidanto, virsekretario 。しかし、人間の単語においては、形容詞として VIR の使う方をふつうに好みます: vira homo, vira prezidanto, vira sekretario

オスの動物や男性の人間について話題にするとは言え、とても頻繁に VIR を省略します。

接頭辞性の VIR が(人間性でも成人性でもない)男性を示すのみの一方で、viro という自立した単語が「成人男性の人間」を常に意味する、ということに気づきましょう。 vira という単語は文脈に沿って、ある時に男性のみを示すことがあり、他の時に人間性と成人性を含めていることがあります。

接辞としての前置詞

接頭辞性の前置詞を伴う単語は、極めて頻繁に連語です。前置詞は接頭辞性で、それが十分な句において関係している単語へ使われます:

  • sen finosenfina = 終わりのないような。
  • pri amopriama = 愛に関しているような。
  • inter naciojinternacia = 国際的な。
  • ĝis la finoĝisfine = 最後まで。
  • tra noktotranokti = 夜を過ごす、夜を越えて客扱いする。
  • per laboroperlabori = 労働によって手に入れる。
  • en teronenterigi = 地の中に置く。埋める。
  • en amonenamiĝi (al iu) = (誰かに対し)恋に落ちる。愛情は対象に向けられています。そのため、mi enamiĝis en vi(n) ではなく、mi enamiĝis al vi とするのが好ましいです。接頭辞として使われている en は、恋の対象とは直接関係がありません。enamiĝi je iu ということもできます。
  • ekster la landoeksterlando = 自分自身の国以外の全世界。
  • ekster la landoeksterlandano = 他の国の一員。

接頭辞用法の前置詞は、複合語の意味を明確化します。このように合成語の一部となった前置詞は、後ろの部分の文中の役割を示すのではありません:

  • parolialparoli = 誰かに向かって話す。話しかける。
  • pagiantaŭpagi = 支払うべきときよりも前に支払う。前払いする。
  • radikiĝienradikiĝi = 何かに根を差し入れて自らを固定する。根付く。
  • rompiinterrompi = 2点間を分断する。割って入る。
  • rimedokontraŭrimedo = 何かに対抗する方法。対抗策。
  • sidikunsidi = 一緒に座っている。会合する。
  • aĉetisubaĉeti = 賄賂などを与えて堕落させることを喩えた表現。袖の下を通す。
  • juposubjupo = スカートの下に重ねるスカート。
  • signosupersigno = 文字の上に追加された符号。字上符。

文中でそのような単語を使う場合に、接頭辞性の前置詞は、それが本当に関係するものの前で頻繁に繰り返すようになります: Li eliris el la dormoĉambro kaj eniris en la manĝoĉambron. しかし頻繁に、それが関係するものの前でその前置詞を繰り返しませんが、代わりに他の前置詞を使います: Ĝi parolas nur pri tiaj instruoj, kiuj ne kontraŭparolas al la scienco. kontraŭ の繰返しに代わる al です。接頭辞性の前置詞が関係するものは、このような動詞の目的語として頻繁に出現できます: La belan Saran li jam kelkfoje ĉirkaŭiris. = Ĉirkaŭ la bela Sara li jam kelkfoje (ĉirkaŭ)iris. しかしとても頻繁に、このような動詞のその目的語は、接頭辞性の前置詞との直接的な関係を伴わない、もう一方の何かです: Alportu al mi metron da nigra drapo.

El

el は、複合語や連語において全体的にふつうな接頭辞性の前置詞であり得ます、例えば: eliri (複合語) = 「何かの内側から進む」, elbati (複合語) = 「何かの内側から何かを叩く」, el (la) litoellitiĝi (連語) = 「ベッドから起きる」。

しかし接頭辞性の el は、複合語において「完全に、最後まで、準備ができて、結果に至るまで、欠陥に至るまで、消滅に至るまで」という特殊な意味を伴って使われもします:

  • trinkieltrinki = 何かの全量を飲む
  • lerniellerni = 全く十分に学ぶ、習得する。
  • uzieluzi = 劣化に至るまで使う

あるその種の el 単語は、特殊な(比喩的な)意味を受けます:

  • tenielteni = 抵抗する、屈服しない、忍耐で我慢する、耐える
  • pensielpensi = 考えることで作り出す。考え出す。

el から来る固有な意味の間での混乱、かつ、特殊な最後までの意味について恐れがあるならば、接頭辞性で「最後まで」という意味を表現するために、他の何かを使いましょう。例えば、tra, for, SAT 並びに FIN をそのように使います。しかしながら、使われる語根や小辞は意のままに当て嵌めよ、ということに常に注意すべきです、例えば: trabori, trakuri, forkaŝi, satmanĝi, finkanti, finfari, finmanĝi など。頻繁に最も良い解である複数の単語を用いて、このような意味を示すこともできます: legi ĝisfine, kuri tra la tuta urbo, manĝi ĝis sateco, kanti ĝis la fino, kanti la tutan kanton など。

Pri

(A-語尾やE-語尾を伴う)連語における接頭辞性の pri は、通常の方法で使われます、例えば: pri amopriama = 「それが愛について話題にしているような」, pri nutroprinutra = 「それが栄養について話題にしているような」。

複合語における接頭辞性の pri は、他動詞を作成します。それが自動詞を他動詞にするか、すでに他動詞であるものから新たな他動詞を作るか、のいずれかです。ふつうにそのような pri 動詞は、目的語としての pri 状況語を持ちます:

  • Li pensis pri la afero.Li pripensis la aferon. - 彼はそのことについて考えた。 → 彼はそのことを考えた。

    pensi は、目的語がその考え自体である他動詞です。pripensi は、目的語が考えている事物である他動詞です。

ある種の発生におけるこのような pri 動詞は、元々 pri 状況語でなく、例えば、de 状況語や al 状況語であった目的語を持ちます。そのような動詞における pri は、自分自身の意味を失くしてしまい、文の成分を変えるためのみに使われます。pri は特に何か伝統的な動詞においてそのように使われます。

  • rabiprirabi
    • Ili rabis monon de la homoj. - 彼らは人々からお金を奪った。
    • Ili prirabis la homojn (je/por mono). - 彼らは人々から (お金を) 奪った。
  • semiprisemi
    • Mi semis tritikon sur la kampon. - 私は畑に小麦の種をまいた。
    • Mi prisemis la kampon (per tritiko). - 私は畑に (小麦の) 種をまいた。
  • serĉipriserĉi
    • Ili serĉis armilojn ĉe li. - 彼らは彼のところで武器を探した。
    • Ili priserĉis lin (por armiloj). - 彼らは彼のところで (武器を) 探した。
  • lumiprilumi = 「自身の光をどこかへ放つ」
    • La luno lumis en la ĉambron. - 月はその部屋へ照らした。
    • La luno prilumis la ĉambron. - 月はその部屋を照らした。

    それ自体が光っている何かのみが照らせます。
    lumigi = 「何かが照らせるようにする、光を用いて補充する」。

幾つかの発生における接頭辞性の pri は、ある方法で元々の意味に関係する新しい意味を動詞へ与えるためにのみ提供します:

  • juĝiprijuĝi = 何かについて承認または否認の意見を表現する
  • ĵuripriĵuri = 神に申し入れて与える、または、献身する

そのような使用における pri は、接尾辞 UM に似ています。

その他の接辞的小辞

前置詞のほかに、他の多くの小辞も様々な方法で接頭辞的に用いられます。ここではそのように用いられる幾つかの重要な例のみを示します。

Ĉi

場所の小辞 ĉi は、A-語尾やE-語尾を伴う連語において、接頭辞性でとても頻繁に使われます。ふつうに明白さのために、 ĉi の後ろでハイフン (-) を使います:

  • en tiu ĉi jaroĉi-jare - この年に → 今年に
  • post tio ĉiĉi-poste - このことの後に → この後に

Ĉitiu ĉi, ĉi tiu, tie ĉi, ĉi tie などの中で自立語であることに注意しましょう。ここではハイフンを用いないようにしましょう。

Fi

間投詞 fi は、接頭辞性で「嫌な、憎い」という意味を伴ってよく使われます。接頭辞性の fi は、後ろに立つものに対抗して主観的な憤慨や道徳的な非難を示します:

  • homofihomo = うんざりする、不徳な、嫌な人間
  • ŝercofiŝerco = 恥知らずな冗談
  • insektofiinsekto = 嫌な虫、もしくは、寄生虫
  • famafifama = 嫌なことを原因に有名な

接頭辞性の fi接尾辞 AĈ は似ています。 fi はより主観的です。それは憤慨と嫌悪を表現します。 AĈ はより客観的です。それは不適合性と悪い品質を示します。

For

場所と移動の小辞 for は、接頭辞性に行為の単語の付近でよく使われます: foriri, foriro, forkuri, forkurado, forfali, forĵeti, forŝiri, forpermesi, fortimigi, forargumenti, forbuĉi, fordormi, foresti, foresto 。そのような単語全ては、全体でふつうの複合語です。しばしば、このような単語において de も使えます: forŝirideŝiri, forprenidepreni, fortranĉidetranĉi 。しかし、 for はより強い意味を与えます。

Mem

接頭辞性の mem は、2つの異なる意味を持っています: 1. 「他の助けなしに」: memvole, memlerninto, memdisciplino, memstara, memkompreneble ; 2. 「自分自身へ、自分自身について、自分自身を」: memestimo, memamo, memdefendo, memmortigo, memportreto, memofero 。 その意味が「自分自身を」ならば、接頭辞性の sin も使えます。

Ne

接頭辞性の小辞 ne は、不在や何か(例えば性質)の欠如を示します: neĝentila, nelonge, nefermita, nematura, nelerta, nekomprenebla, nelegeble, nekredebla, nejudo = 「ユダヤ人でない人間」, ne-Kopenhagano = 「コペンハーゲンに住んでいない人物」。

Sin

N-語尾を伴う代名詞 si は、「自分自身を」という意味において mem の代わりに接頭辞性でよく使われます: sinfido, sindefendo, singarda, sindona

自立する単語としての sin は、三人称についてのみ使用可能です。ところが、接頭辞性の sin は、一人称と二人称についても使われます: Kontraŭ s-ro K. mi estos singarda. = Mi gardos min kontraŭ s-ro K.

sin 単語は、不定法の句から来ている連語です: sin defendi → [sin defendi]-(ago)-O → sindefendo = 「自分自身を守る行為」

そのような sin 単語は、動詞語尾を除く各種の語尾を持てます: sinfido, sinfida, sinfide 。動詞語尾を使いたいならば、 sin が別々の単語である所で元々の句へ戻すべきです。 sin が三人称に関係しないならば、その感覚に沿って min, nin または vin へその時に変えなければなりません:

  • ŝia sindefendoŜi defendas sin. - 彼女の自己防衛 → 彼女は自身を守る。
  • ilia sindefendoIli defendas sin. - 彼らの自己防衛 → 彼らは自身らを守る。
  • mia sindefendoMi defendas min. - 私の自己防衛 → 私は自身を守る。
  • nia sindefendoNi defendas nin. - 私たちの自己防衛 → 私たちは自身らを守る。
  • via sindefendoVi defendas vin. - あなた(たち)の自己防衛 → あなた(たち)は自身(ら)を守る。

このような単語において、sin のN-語尾を保ちます。しかしながらふつうに、(J-語尾と同じく)N-語尾は合成語の中で消え落ちます

先頭にもどる