目次へ

前置詞は句が文章内で果たす役割を示すために、その前に置かれる小辞です。

前置詞は普通、名詞または代名詞の前に置かれますが、また不定法動詞従文数量副詞の前にも置かれます。ある場合には、前置詞は場所や時間を現す副詞の前に置かれます。その場合、前置詞は場所または時間の意味をより詳しくします。

次の小辞が前置詞です:al, anstataŭ, antaŭ, apud, ĉe, ĉirkaŭ, da, de, dum, ekster, el, en, ĝis, inter, je, kontraŭ, krom, kun, laŭ, malgraŭ, per, po, por, post, preter, pri, pro, sen, sub, super, sur, tratrans

独立前置詞

前置詞の後ろには、普通前置詞が関係する句が置かれます。そのような後続の句がないと、前置詞は意味を持ちません:sur la tablo, en mia domo, ekster tiu ĉi ĉambro, dum la paŭzo, anstataŭ tio, krom Petroなど。

(意味が文脈から理解できる)前置詞の後ろの単語を省略したい場合には、E-語尾をつけた前置詞を用いる必要があります。何故なら、この場合前置詞は副詞として働く固有の句になるからです。

  • Li staras apud mi.Li staras apude. - 彼は私の側に立っている。 → 彼は側に立っている。
  • Ŝi sidas ekster la domo.Ŝi sidas ekstere. - 彼女は家の外で座っている。→ 彼女は外で座っている。
  • Tio okazis dum la paŭzo.Tio okazis dume. - それは休息の間に起こった。→ それはその間に起こった。
  • Tio okazos post la kongreso.Tio okazos poste. - それは大会の後に起こるだろう。 → それは後に起こるだろう。

このような副詞が場所を示している場合、場所への移動を示すためにN語尾をつけることができます

  • Li sidas ekster la domo.Li sidas ekstere.Li iras eksteren. = ...al ekstera loko (al loko ekster la domo). - 彼は家の外で座っている。→ 彼は外で座っている。→ 彼は外へ行った。= ...外部へ(家の外の場所へ)

元々の句が形容詞的に働いている場合には、前置詞の後ろに A-語尾をつけます。

  • Li loĝas en domo apud mia domo.Li loĝas en apuda domo. ...en domo apuda. - 彼は私の家の側の家に住んでいる。→ 彼は側の家に住んでいる。

しかし、このような場合には、場所または時間をあらわす副詞も使えます: Li loĝas en domo apude. = Li loĝas en domo, kiu troviĝas apude.

ある理由でいくつかの前置詞では、実際的には E-語尾、A-語尾を伴って用いられることがほとんどないものがあります。例えば、下記のようにいうことは決してありません。paroli prie = "paroli pri tio", iri dee = "iri de la koncerna loko", ala veturo = "veturo al la koncerna loko", proa agado = "agado pro tio".

先頭にもどる